ガラスを割れ

6枚目シングル

【S7 最高2000】バンギランドサイクル

お久しぶりです、くらはんです。初めましての方はこのブログを読んで頂きありがとうございます。

以下常体で失礼します。

 

【構築経緯】

f:id:kurahan:20180122202603p:image

いつもの通りサザングロス(エフィブラ)からの組み始め。そして環境に多いメガ枠であるマンダゲンガーに対して有利を取りやすいバンギラスを主軸として構築を考え始めた。

バンギラスについて使用したこともなく知識がないので色々自分で調べてみたところバンギランドバレルたる並びが出てきたので、その並びをそのまま取り入れた。

最後に今のところptとしてテッカグヤグライオン絡みのサイクルに不安を覚えるため、その辺りに比較的強く繰り出せるギャラドスを採用して完成となる。

 

【個体解説】

 

エーフィ@拘りスカーフ

性格:臆病

特性:マジックミラー

技構成:キネシス/ショック/シャドボ/トリック

147(52)-×-80-182(252)-115-171(204)

S…最速ウツロ抜き

 

サザングロスグロス。こいつの型は毎回悩む。スカーフを持たせた理由としては、単体の顎なら何とかなるがコケコと組み合わせた眠りの入らない選出をされた場合ブラッキーとバレルで顎が抑えられなくなるので顎の上から叩ける子が欲しかったから、そして重いフェロを上から潰したいからというもの。ブラッキーバレルと顎が対面した時エーフィに引くのが基本のプレイングとなるがここでZを押されると負けになってしまうところが弱かった。

何となくトリックを入れたがZ環境でもあるので刺さりは良くない印象だった。受けに来る鋼タイプに刺さった時はガッツポーズをしていた。(メガ石トリックで奪えよ)

とりあえず初手投げとかすると相手は脳内に壁貼りしかないのでスカーフで〆る。(とんぼ選択したであろうフェローチェの死にゆく姿は美しかった)

いつものシーズン以上に選出はしたが相変わらずの選出率最下位である。

(選出率6位)

 

 

ブラッキー@残飯

性格:図太い

特性:精神力

技構成:イカサマ/願い事/守る/欠伸

 202(252)-×-178(252)-×-150-86(4)

 

サザングロスのサザン。このポケモンに関しては特に言うことはなく、いつも通り流しとして良い仕事をしてくれた。イカサマで入るダメージで『あ、この人A妥協してるな』『しっかりA0だあ』などと思う楽しさもあるので良かった(???)

イカサマのダメージに関してはかなり乱数が変わるので是非A0を推奨する。

主な役割対象としてはゲッコ、拘り系の特殊、拘り系の物理、ブラッキーに一撃で半分入らないポケモン、である。

 (選出率4位)

 

 

 

バンギラス@岩Z

性格:陽気

特性:砂起こし

技構成:エッジ/炎パン/挑発/竜舞

 175-186(252)-130-×-121(4)-124(252)

 

最終日にしてメガから岩Zに変更した。バンギをナットで見ようとする人を滅ぼすために炎パンを採用、受けループに強くしたいのでムドーに刺さる挑発を採用した。

挑発という技が強く、後ろでラスト勝負を仕掛けたい時に相手に積む行為をさせないというのが非常に役に立った。全く警戒されない技なのでとにかく刺さりに刺さりまくっていた。

色々な乱数の問題で本当は意地の方が良いのだが個体がないため仕方なく陽気で使用した。個人的には意地を推奨する。

(選出率5位)

 

 

霊獣ランドロス@オボンの実

性格:慎重

特性:威嚇

技構成:地震/岩封/毒毒/ステロ

 196(252)-166(4)-112(12)-×-143(236)-112(4)

*調整はs3の時のでんそんさんのもの。

 

クッションや展開をお仕事にする縁の下の力持ち系男子。ランドロスはほいほい耐久ポケを呼ぶので毒毒は使用する場面が多かった。特にカバ、ポリ2、スイクン、マンダに刺していく事が多かった。欠伸と相性のいいステロと蜻蛉で迷ったが今回はステロを採用した。

ptでテテフ、バシャーモが重く、そいつらに圧力をかけたいので一度は受け出せる慎重オボン型とした。

(選出率3位)

 

 

 f:id:kurahan:20180122214117j:image

モロバレル@黒いヘドロ

性格:図太い

特性:再生力

技構成:ギガドレ/クリスモ/めざパ(炎)/胞子

219(236)-×-134(252)-105-103(20)- 45

 H…3n、最大効率?

 

 カペリートミミッキュ、水ポケ、電気ポケを受ける、流す枠。このポケモンの補完力に今期は助けられた。非常に選出しやすく腐りにくいポケモンだった。ptでハッサム、ナットの処理ルートが薄いのでめざ炎を採用した。

イカサマがない弊害としてゲンガー、ガルーラが挙げられるがその二体に関しては他のポケモンに役割を持たせているので困る事はなかった。

(選出率1位)

 

 

ギャラドス@メガ石

性格:陽気

特性:威嚇→かたやぶり

技構成:滝登り/氷の牙/地震/竜舞

 171(4)-207(252)-129-×-150-146(252)

 

最終日まで飛んで飛んでダイブクラッシュしていたポケモン。最終日にメガへ変更した。

pt単位でコケコ、ゲンガー、メガミミロップメガライボルトが重いのでそこらを1舞で抜いておきたく陽気最速をとった。

舞った後の制圧力と持ち前の耐久力は相変わらず凄まじいものであったがミミッキュに対して+1滝登りで落とさない自分の不甲斐なさを感じて欲しいところである。アイヘよりかは範囲を取りたかったこいつのトレーナーとしての考えが招いた結果であった。皮を被ったままHPが減ってヘラヘラしているミミッキュは恐怖そのものであった。

(選出率2位)

 

【選出】

基本選出というのは特に設けなかったが

パワーがある選出は

・ランド+バンギ+ギャラ

 

vs受けループ

・バンギ+ギャラ+何か

バンギを受けに来るムドーを挑発で崩す。

 

vs流行りのカバマンダガルド

・ランド+バンギorバレルorブラッキー+ギャラ

 カバに毒を仕込んだりステロ撒いたりしてサイクルを優位に進めていければ勝てる。

 

vsカバリザ

・ランド+バンギorブラッキーorバレル+ギャラ

 ステロでリザを消耗させれば勝てる。

 

vsポリクチ

・バレル+ギャラ+何か

 バレルを上手く活用して起点を作ればギャラと絡めることで勝てる。

 

基本的に戦い方としてはサイクルを回して相手を消耗させて、エースで抜いていくというもの。

 

【重いポケモン

バシャーモ

雷パンチやらめざ氷やら剣舞やら鬼火やらいい加減にしろ!

 

・呪いミミッキュ

処理の仕方がいまいちよく分からない。

 

グライオン

ハサミで死ぬ。毒まもで死ぬ。先に展開しないと殺される。

 

・打ち分け可能Zテテフ

頭おかしい。勝てるわけがない。

 

リザードン

どっちか分かんねえんだよ最初にどっちにメガするか教えろ。

 

【結果・感想】

 f:id:kurahan:20180123045410j:image

最高2000 最終1954

TNわたなべりさ

 

 

今シーズンは上からの攻撃ってのは強いなあと感じるばっかりのシーズンでした。どうしても受けていくと急所や追加効果を引いてしまって1人で禿げてました。

来期は少しここらを考慮して受ける回数を減らしていく構築でも作ろうかなと思います。

また、今シーズンは通話窓(僕全然通話してない)の戦友たちが素晴らしい結果を残しまくってボスラッシュ参加だの初21だのになっていて嬉しい反面少し悔しかったです。強くなりたい。

s7お疲れ様でした。そして、最後までブログを読んで頂き感謝感激雨嵐です。